マニアが多い世界です

ボトル

最近は、お酒を飲まない若者が増えています。健康志向が高まっている影響ですが、どうしても御中元や御歳暮でお酒を貰う場合があります。捨てるのは勿体ないですし、誰かにあげるのも躊躇ってしまいます。そんな時には、東京のお酒買取りショップに持ち込んでみて下さい。日本酒はもちろんですが、特にウイスキーやブランデーが高額査定となっています。日本のウイスキーやブランデーは、世界的にも高い評価を受けています。製造年度によっては、販売価格の数十倍の値段が付くことがあります。箱が無かったり破れていても構いませんし、ラベルが汚れていても問題ありません。年代物であれば数万円というケースもありますし、自宅に思わぬお宝が眠っていることがあります。ここ数年、国内においては焼酎ブームが起きています。九州地方の焼酎は人気が高く、プレミアが付いている場合もあります。おおよその値段はホームページを見ると分かりますが、最も確実なのは持ち込で調べてもらうことです。専門の鑑定士が査定をしてくれるので、任せて安心ではないでしょうか。ビールに関しても、賞味期限内であれば問題はありません。数本単位よりも一ケース揃っていれば、査定も高くなると言われています。郵送による買取りも行ってくれますし、遠方に住んでいる方でも申し込んでみて下さい。コレクションの中にお宝が眠っていて、臨時でした繋がります。

飲食店の開閉店について

ボトル

日本国内においても、毎年、数千の飲食店が開閉店をしています。景気の浪をもろに受けるのが飲食業ですし、仮に閉店を余儀なくされると、多額の負債が残ってしまいます。そんな時、余ったお酒をお金に替えることが出来ます。東京のお酒買取りショップに持ち込むことで、ウイスキーやブランデーを高値で買取ってくれます。日本酒やビールは賞味期限がありますが、そのたのお酒であれば古くても問題はありません。再出発の資金になります。

遠方に住んでいても安心

お酒

東京のお酒買取り店の大半が、飲食店の買い取りに対応しています。全国各地から申し込むことが出来ますし、スピーディーな査定とお支払が魅力と言われています。お酒マニアは全国に存在していますし、ウイスキーやブランデーは特にコレクターが多いと言われています。お酒は売るタイミングを見誤ると、金額が下がってしまうことがあります。高値で推移している今こそ、まさにチャンス到来と言えます。タイミングを逃さずに、大儲けしてみてはどうでしょうか。

広告募集中